HOME > すべての記事 > 住宅ローンQ&A > 団体信用生命保険に加入は必須?住宅ローンの基礎知識

団体信用生命保険に加入は必須?住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを申し込む際に、団体信用生命保険に加入が条件になっていることがほとんどです。この団体信用生命保険とはどんな保険なのでしょうか?
加入しないといけないのでしょうか?

Q.住宅ローンを組むときは生命保険に加入しないとダメ?

A.民間の金融機関の多くは、この団体信用生命保険を住宅ローン利用時の条件としています。保険料は銀行が負担してくれますが、本人が健康で、生命保険に加入できる状態であることが必要となります。

健康上の理由で加入できない場合は、団体信用生命保険を条件にしている住宅ローンで借入はできません。そのため、加入しないでよいフラット35や、団体信用生命保険より審査が緩和されているワイド団信を利用することで、別の住宅ローンを申し込むことができます。

生命保険に加入しないとダメだということはありませんが、万が一支払いができない事態になった時に、困るのは家族です。そのため、資産計画をしっかり立てて備えておくことが大切です。

Q.団体信用生命保険とはどんなもの?


A.団体信用生命保険は、ローン返済の途中で死亡、または重度な障害を患ってしまった場合に、本人に代わって保険会社がそのローンの残高を支払ってくれるものです。掛け金も比較的安く、加入のときの年齢によって保険料が違うということもありません。

最近は、通常の団体信用生命保険に加えて、仕事ができなくなってしまった場合の三大疾病保障付き、七大疾病、八大疾病保障特約などが付いてくるものも多くなってきました。

特約がついているものは保険料が金利に上乗せされたり、別途保険料の支払いが必要になったりするので、保障内容も含めてよく確認しておきましょう。

Q.団体信用生命保険に加入するときの注意点は?

A.民間の住宅ローンでは、保険料はローン金利に含まれている場合がほとんどです。利用される場合は自分が生命保険に加入している意識がないケースが多いので、すでに他の生命保険に加入していれば重複加入となり、保険料の負担が多くなってしまいます。

また、団信が保障してくれるのは死亡した時と高度障害状態になった時です。
保障内容以外の病気やケガで働けなくなった場合には、住宅ローンは払い続けなければなりません。

収入がないのに月々ローンを払い続け、結局払えなくなって家を手放す・・・そんなことになったら大変です。

住宅ローンサポート保険や給与サポート保険など、長期間働けなくなった場合のために入っておきたい保険もあります。
住宅ローンを組む際には様々な状況を考えて、保険の見直しも併せて行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンならではの低金利!
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

住宅ローンQ&A関連記事