HOME > すべての記事 > 新築一戸建て・マンションの購入 > 賢く土地選び!土地情報から考える土地と建物の住宅ローン

賢く土地選び!土地情報から考える土地と建物の住宅ローン

住宅を一から建てるとなるとどうしても気になってくるのが土地情報であり、それによってどのような住宅を建築するのかというところを検討することができますし、必要となってくる住宅ローンの選択にも影響を及ぼしてくることがあります。

このようなことから住宅を土地から建てようとする場合は、ただ安い土地を購入するのではなくしっかり多方面から土地情報を確認しながら検討することが重要であるといわれています。

同時進行で計画性を持とう

ではどのように進めていけばいいのかというところですが、まず基本として土地を購入するのと住宅ローンを組むのはほぼ同時進行で進めなくてはいけないポイントとなっています。
というのも、土地の購入費用も住宅ローンでまかなうようにしているという人たちが多く、そのことから土地情報を収集するのと住宅ローンの検討は同時に行っていかなければどちらかが間に合わないということになると計画がずれてしまう恐れがあるからです。

そのため、建築計画を具体的にした上で土地を購入するようにしなくてはならず、そのためにも土地情報を事前に確認しておくということが必須となっているというケースが多くなっているのです。

土地のあれこれを決める

6--16

実際にはどのように土地情報を調べるのかというところですが、当然まずは建築したいエリアや広さ、そして予算などの条件をある程度決めてから検討するという人が多いのですが、これはあくまでもざっくりとした方向性となっており、実際にはこれだけでは住宅を建てられないということが多いです。

というのも、建築に際しては、建蔽率と容積率、或いは道路斜線や北側斜線といった、建物の規模や高さに関係する制限があり、敷地の形状によってこうした規制の影響の仕方が変わってくるということも多いのです。

土地を選ぶには専門家の加入も

このようなことから、土地情報に関してはざっくりとした方向性でいくつかの候補を決めた後、実際にその土地の状態を確認してどの程度の予算で建築することができるのか、利便性や危険性はないのかなどを検討する必要があり、そこから算出された予算で住宅ローンの準備を進めるということが必要になってきます。

場合によっては建築した場合はデメリットが出てくるという事もあるので、専門家などと一緒に視察することによってプランなども立てやすくなりますし、安全に計画を進めやすくなっています。

特に初めての土地で住宅を建てようと考えている場合は、専門家を立てながら選んでいくことが賢明だと言われているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンならではの低金利!
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

新築一戸建て・マンションの購入関連記事