HOME > すべての記事 > 購入と賃貸について > プロが使用しているツールを使って、「自分の相場」で物件を探してみよう!

プロが使用しているツールを使って、「自分の相場」で物件を探してみよう!

マイホームを購入しようと考える時、まず、インターネットなどで検索し、価格相場を見るでしょう。

自分が希望するエリアでは、いくら位なのか、一戸建ては可能か、それともマンションか、掲載されている価格相場から購入できる物件を探していきます。

でも、ちょっと目線を変えて探してみてはいかがでしょう。
今回は、マイホーム購入を検討する際の「相場」の捉え方について、アドバイスさせて頂きます。

「相場」は固定概念と考え、自分の相場で物件を探す

不動産の検索サイトは、yahoo不動産など5~6種類が代表的なものとされています。いずれの検索方法も、前述した手順で検索していくものです。

この手順をちょっと変えてみませんか?
簡単です。相場を見て自分が合わせる「受動検索」ではなく、自分が支払える返済額→購入できる価格帯→物件検索というように、自分のキャパシティを基準にした「能動検索」に変えるのです。

返済額から購入できる価格を計算する

まず、住宅ローンの速算式を出します。これはとても便利ですからぜひ覚えてください。

①金利1%で100万円あたりの返済額
*20年→4598円、25年→3768円、30年→3216円、35年→2822円

②金利1.5%で100万円あたりの返済額
*20年→4825円、25年→3999円、30年→3451円、35年→3061円

③金利2%で100万円あたりの返済額
*20年→5058円、25年→4238円、30年→3696円、35年→3312円

④金利2.5%で100万円あたりの返済額
*20年→5299円、25年→4486円、30年→3951円、35年→3574円

この速算式を応用します。
自分が支払える返済額は、やはり現在の家賃が目安になるでしょう。駐車場などを含めた現在の家賃を仮に9万円で設定し、上記②の30年返済で計算してみます。

90000円÷3451円=26.07となり、2600万円の住宅ローンが返済できる計算となります。

もちろん、実際に借りれるかどうかは金融機関の審査によって決まります。
不動産会社の営業マンは専用のローン電卓で計算しますが、これならスマホやケータイの電卓で手軽に計算できちゃいます。

速算式で得た借入見込み金額を基準に、物件の価格帯を検索する

ここまでできれば、あとは検索と問い合わせで自分に合った物件をピックアップし、現地を見学するなどして検討できますね。

ローンの速算式から返済額と借入見込み額を割り出すことで、「受動検索」ではなく「能動検索」が可能になります。

この速算式、ぜひ活用してください。次回も引き続き、「相場」のお話をしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンならではの低金利!
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

購入と賃貸について関連記事