HOME > すべての記事 > リノベーションマンションについて > リフォームとリノベーションってどこがどう違うのか教えて欲しい?

リフォームとリノベーションってどこがどう違うのか教えて欲しい?

昨今、居住中の住まいをリノベーションしたり、中古のリノベーション済みマンションが販売されているなど、「リノベーション」という言葉を頻繁に耳にします。

一方、リノベーションと似た言葉に「リフォーム」があります。

混同しがちなこの2つにはどんな違いがあるのでしょう。
詳しく説明して行きたいと思います。

リフォームとリノベーションの定義

リフォーム(reform)には、英語で「改良・改善・一掃」などの意味があります。

住宅に置き換えると、老朽化している、壊れている、汚れている箇所の修復や、住宅設備機器の交換など、新築時と同様の状態に戻すことにあたります。

一方、リノベーション(renovation)には、同じく英語で「革新・刷新」といった旧態から新しく変化させる意味があり、既存の建物の状態に、最新の仕様と性能を導入して、快適性や資産価値を向上させることを言います。

リフォームとリノベーションを区別する4つのポイント

リフォームとリノベーションを区別する際、大きく4つのポイント(範囲・性能・費用・資産価値)が挙げられます。個々の内容について説明していきます。

①範囲

工事を行う範囲について、リフォームでは、主に設備の交換や修繕・補修など小規模または応急的な工事が位置付けられます。

具体的には、浴室(ユニットバス)やキッチンシンクの老朽化に伴う交換、色褪せした外壁や屋根の塗装、和室から洋室への変更、壁クロスや天井板の張替えなどが挙げられます。

一方、リノベーションでは、設備の根幹をなす上下水道管設備の交換や、柱や土台など構造躯体(くたい)の補強、間取りの変更、屋根や外壁の交換、玄関ドアや窓の交換など範囲が広く、大規模な工事を伴います。

②性能

性能については、現状を維持するか応急的な工事がリフォームにあたります。

かたや、リノベーションでは、最新鋭の機能を装備し、高品質で、新築を上回る仕様を取り入れ、時代の変化や新しい居住スタイルにも対応できるようにしています。

③費用

リフォームとリノベーションでは、工事の範囲や品質が異なるため、費用にも大きな差が発生します。

施工内容によって異なりますが、一般的に、リフォームに掛ける費用は、マンションの場合で150~350万円、一戸建てで300~500万円程度が相場になっており、リノベーションでは、マンションで500~1000万円、一戸建てで1000~1500万円ぐらいになっているようです。

④資産価値

これまでお話ししたように、リフォームにおける性能の視点は「向上」ではなく、良くても「現状維持」になります。

「資産価値の向上」自体が目的であるリノベーションは、新築当時よりも価値を向上させる仕様であることから、付加価値が高く、物によっては新築よりも人気を集めています。

まとめ

リノベーション物件は、前述の4つのポイントだけでなく、都心部や人気エリアで供給されることが多く、立地的に見てもプラス要素があり、また、価格的にも新築より割安な物件が多いのも魅力です。

もちろん、築年数が比較的浅い建物で、リフォームで十分対応可能なら、わざわざお金を掛ける必要は無いでしょう。

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンは低金利で
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

リノベーションマンションについて関連記事