HOME > すべての記事 > リノベーションマンションについて > リノベーションマンション・一戸建てを購入する際のポイント

リノベーションマンション・一戸建てを購入する際のポイント

最近、「リノベーションマンション・一戸建て」の物件情報が多く公開されています。
中古物件の内外装、設備、間取りに手を加え、新築同様に仕上げられており、その多くは不動産会社などが自ら売主となって販売されています。

この「リノベーション物件」ですが、実際に購入を検討する場合には、いくつか注意点があります。
今回は、リノベーション物件を購入する際のポイントについて説明して行きます。

077256建物の構造について確認しよう!

キッチン、浴室、洗面台などの設備機器や、外壁、壁クロス、照明器具などの内外装がリニューアルされているため、外見はとてもキレイに見えるリノベーション物件ですが、柱、基礎、断熱材、屋根などは外からは見えません。

そこで、見学の際は、通し柱、間柱、床下、断熱材、基礎がどのような状態になっているかを、しっかりと確認する必要があります。

077256専門の知識と経験がある会社の物件を選ぶ

最近では、リノベーション物件を専門に扱う不動産会社が多くなっており、また、住宅メーカーなど建築を生業とする会社もリノベーション物件に参入しています。そのような、知識・経験を持った会社の物件を購入することをお勧めします。

知識も経験もない会社の物件ですと、営業マンの説明が大ざっぱになる傾向があり、「大丈夫」とか「問題ない」と言ったトークを連発したりします。そのような営業姿勢では、たとえ本当に大丈夫な物件でも不安になってしまいます。

知識・経験のある会社であれば、再利用する各部材の材質や、新規で取り入れた部材の特性などを詳しく説明してくれますので、少なくとも物件に対する不安を持たずに購入を検討することができます。

077256追加工事によって設備をより充実させることも

さまざまな設備が取り入れらているリノベーション物件ですが、できればこれが欲しかったというものもあるかも知れません。

一例として、屋根付きカーポートやビルトイン食器洗浄機、廊下や階段の手すりなどがありますが、これらの工事を追加で設置してもらうのです。もちろん費用は発生しますが、購入時に設置すれば住宅ローンに組み込めます。

新築と中古だけでなくリノベーションが加わったことで、買う側の選択肢が増えました。
利便性の良いエリアで、新築よりも低い価格で購入できるリノベーション物件を、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょう。

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンは低金利で
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

リノベーションマンションについて関連記事