HOME > すべての記事 > 新規借入の方へ > 団信(団体信用生命保険)とは?※住宅ローンの基礎

団信(団体信用生命保険)とは?※住宅ローンの基礎

住宅ローンを組む際に、必要になる団信。
団信とは、団体信用生命保険の事を言います。

住宅ローンを組む際に、ほとんどの場合で必要になる生命保険です。
高額で長期間に渡る住宅ローンでは欠かせないものです。

団信(団体信用生命保険)とは

団信(団体信用生命保険)とは、万が一住宅ローンの返済中に死亡したり高度障害に陥った場合、変わりに生命保険会社が残高の支払いをしてくれるシステムです。

通常の生命保険と比較をすると保険料が手ごろなのも特徴です。
その保険料も、銀行が負担してくれるため、個人的な支払いは不要となります。
借入を行う年齢で保険料が異なる事もありません。

民間の金融機関では、大概、住宅ローンの借り入れ条件として団信の加入が発生します。団信の加入を融資条件にしているのには理由があります。
それは、貸し倒れになった時に困るからです。

万が一債務者が死亡したり高度障害に陥った場合に、団信に加入していれば、金融機関だけではなく債務者の家族も住宅ローンの支払いをしないですむため、お互いにメリットがあります。

新規契約はもちろんですが、借り換えを行う際にも団信加入が必要になりますので覚えておきましょう。

団信に加入できない場合はどうなるのか


ですが、健康状態に問題があり団信に加入できない場合は、住宅ローンの借り入れが出来なくなります。

金融機関側としては、貸し倒れのリスクを負いたくないため、条件を満たさない限り審査を通すことはありません。

もしもは考えたくありませんが、住宅ローンは長期間に渡って返済していくものですから、将来何が起こるかわかりませんよね。
だからこそ、安心をしてマイホームに住むために欠かせない大切な保険なのです。

しかし、団信に加入できないと住宅ローンは借りれないかというと、そうでもありません。

例えば、フラット35なら、任意加入のため団信に加入できなくても審査を通ることは可能です。ただし、万が一の場合に住宅ローンの返済が免除になりませんから、何らかの対策を立てる必要はあるでしょう。

加入基準が甘いワイド団信なら、高血圧症やうつ病・糖尿病などの持病があっても加入することが可能です。それでも審査は受けるため、絶対加入できるとは限りません。

団信に加入していれば安心なのか

もしものことがあった場合に住宅ローンの支払いが免除されると聞けば、これで安心と思ってしまいませんか?

残念ながら、そうとは言えません。
それは、団信で保障されるのは死亡の時と特定の病気の時だからです。
事故などでケガをして働けなくなったりした場合には保障がないということです。

最近では、金融機関が独自の住宅ローンサポート保険を提供していたり、生命保険会社が働けなくなった場合に保障してくれる保険を出しています。
将来困らないためにも、検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンならではの低金利!
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

新規借入の方へ関連記事