HOME > すべての記事 > 住宅ローンの審査攻略 > 団体信用生命保険に加入できるかどうか<住宅ローン審査に通る条件>

団体信用生命保険に加入できるかどうか<住宅ローン審査に通る条件>

団体信用生命保険というものを知っていますか?
住宅ローンの審査に落ちてしまう原因には、この団体信用生命保険に加入できなかったというのも入っています。

団体信用生命保険とは、どのようなものなのかご紹介します。

団体信用生命保険(団信)は重要な保険

団体信用生命保険、通称「団信」は、住宅ローンの返済途中、不慮の事故や病気などで返済者本人が亡くなった、もしくは高度障害が残ってしまったときに、保険会社が住宅ローンの残高を本人と代わって支払ってくれるというものです。

もしも団信に加入していない場合、返済者本人に万が一のことが起こってしまったら、残された家族が住宅ローンを返済していかなければなりません。
もしものときも、安心してマイホームに住み続ける為に、団信はとても重要で必要なものと言える保険です。

ほとんどの住宅ローンで金融機関が支払いをしてくれる


多くの民間金融機関は、団信への加入が住宅ローンの借り入れ条件となっています。
金融機関は、万が一団信の保障内容となっていることが債務者に起こり、貸し倒れになってしまうとと困りますから、条件にしているんですね。

そのため、保険料は銀行が支払ってくれるので、加入しても保険料の支払いは発生することはありまぜん。

ただし、フラット35は任意加入のため、加入する時は支払いが発生します。
フラット35の場合、金融機関は住宅金融支援機構が提供しているのを仲介するような立場のため、加入を必須条件にしませんし支払いもしてくれないということです。

しかし、当たり前のことですが、この団信は他の生命保険同様、健康状況が良好でなければ加入することができません。つまりは、住宅ローン審査に通る条件として、健康状況はとても重要なこととなります。

団信に加入できないと住宅ローンは申し込めないのか

持病があるなどの理由で団信の加入が厳しいという方は、住宅ローンを申し込めないかというとそんなことはありません。

団信より加入しやすいと言われているワイド団信というものもあります。最近では、ワイド団信付き住宅ローンという商品を提供している金融機関もありますね。
高血圧・うつ病・糖尿病の他、様々な病気に対して引受実績があるようです。

ただし、金融機関が支払いを負担してくれるわけではないため、金利が0.2~0.3%程度高くなります。

過去に病歴がある場合など、団信に加入できないとは限りません。
団信とワイド団信は引受会社が違うため、まずは団信に申し込んでだめだった場合にワイド団信に申し込んでみるといいでしょう。

住宅ローンを利用したいのであれば、自分の為にも、家族の為にも、常日頃から健康に気を使った生活をし、病気や疾患にならないよう心掛けることも大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンならではの低金利!
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

住宅ローンの審査攻略関連記事