HOME > すべての記事 > 不動産の売却について > 住宅が思うように売れない場合に確認すべき3つのポイント

住宅が思うように売れない場合に確認すべき3つのポイント

何かしらの理由により、住宅を売却する場合、できるだけ早く高い値段で売却したいと考えます。ただし、様々な理由により売りたくても買い手がつかないためなかなか売れないといった悩みも多いものです。

今回は、住宅の売却を進めている方に、住宅の売却が思うように進まない場合に確認しておきたいポイントをお伝えします。

住宅が売れない原因を把握することが重要

まず、住宅を売却しているが中々売れない場合、その原因をしっかりと把握することが重要となります。原因がわからなければいつまでも売れない状態を引きずることになります。売れない原因を取り除くことが、売却に向けての第一歩となります。

住宅が売れない要因として考えられるのが、概ね以下の問題が考えられます。

1.価格が相場と比較して高い
2.物件の魅力が低い
3.不動産会社の営業活動が行き届いていない

要は買い手側の立場に立った場合、ご自身が本当に買いたいと思えるのかが重要なポイントです。もちろん、今までご自身が住んでいたため、なかなか客観的に物件を見るということは難しことではありますが、客観的に見なければ売れない要因はいつまでもわからないままとなってしまいます。

売却価格が相場や築年数に比べてどうなのかを見直す

まず、住宅を購入する場合、築年数や立地など総合的に加味して売却価格が妥当なのかを買い手はしっかりと吟味します。

例えば、築年数が10年以上超えている場合、できるだけ高い値段で売りたいからと言って、周辺の築10年以上の相場とかけ離れた金額を設定していては、買い手にとっては高いと思われます。また、駅から15分以上離れている場合、物件のスペックが駅に近い物件と同様のスペックと同じ価格であっても買い手にとっては高いと思われます。

中古住宅を購入する場合、買い手の多くはできるだけ10年以内の物件を絞り込んで探す場合が多いと言われています。そのため、築10年を超えている場合などは、周辺で同様の築年数でいくらで売られているかを調査し相場に見合った価格に設定し直すことが第一歩となります。

ただし、築10年以上経過していたとしても、耐震性が高い住宅であったり、バリアフリーに対応した住宅など何かしらの付加価値がある物件については、築年数だけで価格を下げるのは得策ではありませんので、不動産会社の営業活動などを見直すことになります。

物件の魅力を少しでも上げて売却を行う

買い手にとって物件の魅力が低いと思われた場合、少しでも物件の魅力を高めてもらうように不動産会社と連携して売却活動を行うことになります。

例えば、物件を売却している際に記載される媒体に、生活感が漂っていては、いくら良い物件であっても買い手にとっては魅力的には移りません。また、媒体に記載されている写真や間取りなどが少ない場合や、周辺の情報が少ないといった場合も、物件に関する情報が不足してしまいます。

そのため、物件を売却するにあたり、記載する写真については最低限の清掃や不具合などを修繕を行い、モデルルームに近い形で写真を撮影し、できるだけ多くの写真を撮り媒体に記載することがおすすめです。さらに、より魅力的にとってもらうためにも写真撮影のプロにお願いすることも検討すると良いでしょう。

不動産会社の営業報告を受ける

物件が売れない要因として、不動産会社の営業活動が行き届いていないことも要因として考えられます。

例えば、インターネットやチラシなどの媒体に物件情報として記載がされていない、もしくは、記載されていてもその頻度が極端に低いといったことも考えられます。また、指定流通機構(レインズ)にも登録されているかも疑ってみるのも良いでしょう。

不動産との媒介契約には、2018年6月14日の記事で記載していますが、一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあります。専任媒介契約と専属専任媒介契約では2週間に1回以上の間隔で営業活動の報告義務があります。一般媒介契約は報告の義務はありませんが、報告をするようにお願いすることはできます。

報告の際に、以下の内容について確認を行い、営業活動の状況を把握し、今後の売却活動の改善につなげることも出来ます。

1.これまで記載した媒介を見せてもらう
2.現在記載している媒介と終了時期、
3.今後の媒介に記載する予定日
4.媒介を通じた問い合わせ件数や閲覧希望者数
5.見込み客の購入に至らなかった理由

また、一般媒介契約は契約の終了は自由にできますが、専任媒介契約と専属専任媒介契約は3ヶ月更新となっていますので、もし、営業活動がいまいちであると感じた場合、他社に変更することもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンは低金利で
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

不動産の売却について関連記事