HOME > すべての記事 > 各種保険について > 夫婦でペアローンを利用して住宅を購入した場合、団体信用生命保険はどうなるか?

夫婦でペアローンを利用して住宅を購入した場合、団体信用生命保険はどうなるか?

住宅ローンを利用する場合、契約者の収入に応じて借入可能額が算出されます。一方で、夫婦の年収を合わせることでそれぞれの名義で住宅をローンで購入することができるペアローンとう商品があります。ペアローンを利用した場合においても、民間の金融機関で住宅ローンを契約する場合は団体信用生命保険に加入する必要があります。

今回は、ペアローンで住宅ローンを検討されている方に、ペアローン利用時の団体信用生命保険の取り扱いについて詳しく解説します。

ペアローンは夫婦で借り入れそれぞれ返済をしていく住宅ローン商品

ペアローンは、住宅ローンを利用する場合において、夫婦の収入を合算して借入可能額を算出した上で、ローンを利用して、夫婦それぞれの名義で住宅を購入することができる商品です。

夫婦の収入を合算することができますので、代表者1人の収入だけで算出するのと比べると借入可能額を増やすことができます。そのため、代表者の収入では手が届かなかった物件でも購入できる可能性が高まります。

一方で、毎月の返済については、夫婦がそれぞれ負担した金額を両者で返済をしていく必要があります。

ペアローンを利用する場合は、夫婦がそれぞれの名義になりますので、持ち分比率はそれぞれの負担額に応じて決まるほか、万が一、返済ができなくなったときに備えてお互いが連帯保証人になる必要があります。

ペアローンについての詳細は2018年9月24日の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

ペアローンでは夫婦がそれぞれ団体信用生命保険に加入する必要がある

ペアローンを利用して住宅を購入する場合、購入する物件は1つではありますが、負担額に応じてそれぞれに持ち分があります。イメージとしては、複数人が共同出資して建物を建てる形となり、団体信用生命保険は夫婦でそれぞれ加入する必要があります。

夫婦それぞれの負担額に応じて、団体信用生命保険の補償金額なども変わってくることになります。例えば、3,000万円の家を、夫が2,000万円、妻が1,000万円それぞれ負担した場合は、団体信用生命保険で保証される最大の金額は夫が高いことになります。

ちなみに、ペアローンを利用して住宅を購入する場合は、両者が必ず団体信用生命保険に加入する必要があり、夫だけ、妻だけが団体信用生命保険に加入することはできません。

団体信用生命保険が支払われる場合は片方のみの適用となる

ペアローンを利用して住宅を購入する場合は、両者がそれぞれ保険に加入することになり、各人で保険金を支払う必要があります。

一方で、病気や事故による死亡や高度障害状態になった場合は保険金が支払われ、住宅ローンの完済が可能となりますが、ペアローンの場合は、どちらか一方が万が一の状態となった場合、該当者のみの保険金が支払われることになり、両者全ての住宅ローンを全て完済できるわけではありません。

例えば、夫が病気で死亡していた場合、夫に1,000万円の住宅ローン残高があり、妻に1,500万円の住宅ローン残高があり、合わせて2,500万円の住宅ローン残高があれば、団体信用生命で適用されるのは夫のみとなり、夫の住宅ローン残高1,000万円までが補償されることになります。

したがって、妻の残りの住宅ローン残高1,500万円については、引き続き返済を続けていく必要があります。

ペアローンは夫婦で収入を合算できるため、少し背伸びをして高めの住宅を購入することもできますが、いざ、団体信用生命を適用する場面となった場合は、片方のみしか保険が適用できないことがデメリットになります。ただし、夫婦の住宅ローン全てが完済はできませんが、片方の住宅ローンの残債については保険金で完済ができるため、その分負担軽減ができるだけでも多少のメリットはあるとも考えることができます。

いずれにしても、一人あたりの返済金額については無理のない範囲に設定し、ご自身の収入だけでは払えない金額の借り入れは禁物であると言えます。

ペアローンを利用する場合は、借入可能額が増えるというメリットだけにとらわれず、デメリットについてもしっかりと吟味した上で検討する必要が有ると言えます。ペアローンのメリットとデメリットについては、2018年9月28日に詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方銀行との圧倒的な金利差!借入れ・借換えした後もお得♪

イオン銀行は、ネット申込と店頭相談の両方が可能なハイブリッド型!
金利以外のお得なサービスも充実しているため、生活費の節約もできます。

イオン銀行住宅ローンはここがお得!

  • 疾病保障付住宅ローンは2つの特約付きでさらに安心
  • 保証料0円!負担になる諸費用を大幅節約
  • 一部繰上げ返済手数料0円!借り入れ後もお得に返済

詳細&お申込みはこちら

三菱UFJ銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンならではの低金利!
各種手数料が無料になる優遇特典も嬉しいですね。

三菱UFJ銀行住宅ローンはここがお得!

  • ご来店不要で事前審査からご契約まで可能
  • 担当者とじっくり相談したい方は相談会も予約できる
  • 一部繰上返済手数料無料&7大疾病保障も付保

詳細&お申込みはこちら

各種保険について関連記事